住宅ローンアドバイザーとは?

住居用の物件の購入は一般の会社員家庭にとっては非常に大きな買い物で物件や立地条件の選定だけではなく、住宅ローンの選択にも大きな労力と神経を消費します。
近年では手数料や金利、返済計画などさまざまな住宅ローン商材があり素人にとって選択の幅がある反面判断が難しい時代といえます。
住宅ローンアドバイザーとは公正な第三者の立場から住宅ローンの選択などにたいして助言や情報提供を行う人のことです。
債務者の収入やライフプラン設計に助力するとても有意義な職務です。
住宅ローンアドバイザーは民間資格ですが、金融検定協会や住宅金融普及協会によって認定されるものなどがあります。
金融検定協会によるものは協会が実施する資格試験に合格すると資格を得られます。
住宅金融普及協会によるものでは各種養成機関が提供している養成講座を受講して修了したのちに登録を受けることで認定されます。
受講資格は特になく、Web上での講座受講も可能です。
住宅ローン金利メリット・デメリット!おすすめタイプは?【固定と変動】