住宅ローンを組む際の保険とは?

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンの支払いを長い間していると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。
借り換えにはそういったケースも含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

住宅ローン繰り上げ返済